官と民の声を聞く会 〜法務教官〜』

9月24日(日)に少年院の法務教官をお招きし、官と民の声を聞く勉強会を開催します。
困難を抱えた子どもたちが辿り着く、最後の砦の少年院。
少年院に入る子どもたちは、親子関係の不和・虐待・いじめ・愛着障がい・発達障がいなど、1人1人が必ず苦しく辛い心の傷を負っています。

社会や大人に反発をして、心を閉ざした子どもたちと日々向き合い、幅広い視野と専門的な知識をもって、子どもたちの個性や能力を伸ばしているのが法務教官という専門官です。

健全な社会人として社会復帰ができるように、指導・教育を行ってる法務教官の支援現場の生の声を聞き、民間であるNPO法人陽和と、少年の声をお届けさせて頂きます。

第二部の「少年の声」では、少年院を出て、更生の道を歩んでいる少年が、非行に走ったきっかけや、辛かったこと、立ち直ったきっかけを話してくれます。

第三部は、少年院を出た子ども達から見えてくる「社会復帰後の現実」を、理事長の渋谷幸靖からお話させて頂きます。

子育てをしている保護者、子どもと関わっている教育関係者、支援をしている行政や民間の支援者が、困難を抱えた子ども達の世界を知る事により、「自分には何ができるのか?」を考えるきっかけにして頂けますと幸いです。

官と民の声を聞き、今必要な支援や、子どもとの関わり方を、皆様と一緒に探していきたいと思います。
ぜひご参加いただけますようお願いいたします。

参加は無料、会場参加とオンライン参加(zoom)をお選びいただけます。

参加申し込みはこちらから

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeQbPnPlVBw0w-QTyJA-OwtBHWGo8xDjbUcgNQJS_z-i_Tpfw/viewform?usp=sf_link

TELTEL